腰 痛・ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか?

腰痛 イラスト

  • 病院でヘルニアと診断された
  • 慢性的な腰痛で悩んでいる
  • 座りっぱなしだから症状が改善しにくい
  • 腰痛と共に足がしびれる
  • 痛みが酷くて思うように動けない

こんな風になる前に、今のうちに症状に合わせて早期治療をしておきましょう!

腰痛とは、腰の部分に痛みを感じる症状をいい、日本人の国民病と言われていますが、実は世界的にも多く先進国において約80%の人が一度は腰痛を経験するといわれています。
また腰痛の8割以上は明確な原因が不明だといわれています。レントゲンやMRIなどの画像診断では映らないこともあり、それが原因の特定ができない理由のひとつとなっています。
WHO(
世界保健機関)が「腰痛は、世界中で、休業する原因の筆頭である」と述べているように、腰痛は大きく経済コストに関わり、腰痛による労働力の損失は、世界的な問題になっています。

腰痛、あなたの症状は?|すぎうら接骨院 掛川院

ひとくちに「腰痛」といっても、痛みがでる部位や状態には個人差があります。

あなたはどの部分に痛みがありますか?

  • ウエストあたり
  • 腰の骨の真ん中
  • お尻、骨盤
  • 腰から足にかけて
  • 尾骨あたり

痛みを感じるのはどんなときですか?

  • 常に
  • 同じ姿勢を続けたとき
  • 次の動作にうつるとき
  • 歩くとき
  • 前かがみになったとき
  • 突然に

掛川市のすぎうら接骨院では、痛みが発生する部位や発生する状況や状態によって、腰痛の原因を突き止めるとともに、適切な施術により症状の改善につとめます。

腰痛の原因は?|すぎうら接骨院 掛川院

腰痛は、背骨や骨盤が原因のもの、そして内臓の疾患が原因となるものがありますが、大抵の場合、骨盤の歪みによるものが多いようです。

交通事故などによる物理的な力によって骨盤が歪む

交通事故などで大きな力を受けたことによる腰部の損傷は、ほとんどの場合骨盤を歪ませます。事故発生当初ではなく、時間が経過した後に痛みやしびれなどの症状が出てくるケースが多くあります。くしゃみや咳によっても、事故と同様の損傷が発生する場合があります。

日常動作により、骨盤が歪む

立ちっぱなしや座りっぱなしなど、不自然な姿勢を継続的に取り続けていることは、骨盤に負担をかけ続けることになります。その結果として骨盤を歪ませることになります。

その他
  • 腰痛を起こす内臓の症状
  • 腎臓や大動脈の疾病
  • 女性特有の疾病
  • 悪性腫瘍

などに心当たりがある方は、必ず医師にご相談ください。

どうして骨盤が歪むと腰痛になるの?|すぎうら接骨院 掛川院

腰の施術の様子骨盤は、体のほぼ中央にあります。形も大きく体の中心となる骨です。体を支える骨盤が歪んでしまうことは、正しい姿勢がとりにくくなるということです。その結果、骨盤に乗っかる腰の骨や筋肉や神経などに負担が生じます。その影響で腰の痛みやしびれが起きてしまうのです。

骨盤の歪みを放置していると、腰ばかりでなく、足にも影響が出ることもあります。腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などを発症してしまうと、日常生活にも支障を来すようになります。腰痛を感じたら、早期にすぎうら接骨院 掛川院にご相談ください。

独自の腰痛アプローチ|すぎうら接骨院 掛川院

トムソンベッド施術の様子お尻には仙腸関節という関節があります。この関節は骨盤にとって非常に重要な役割を果たし、この関節の歪みが体に影響を及ぼすのです。仙腸関節の歪みを取り除くことで、腰の問題はかなり改善され、体がとても軽くなり、体全体のバランスが良くなるので、施術直後からきれいで正しい姿勢へと変化します。

施術効果が一時的なものにならないように、姿勢や座り方、歩き方をアドバイスし、骨盤が歪まない生活を送れるようにサポートをします。

腰痛でお悩みの方、ぜひ痛みのない生活を送りませんか?

腰痛が慢性化しやすいのは、骨盤の歪みをなおしていないからです。骨盤の歪みを整え、生活習慣を改善することで、症状は改善していきます。
掛川市のすぎうら接骨院では、あなたが明るい笑顔を取り戻すお手伝いをさせていただきます。腰痛でお悩みでしたら、ぜひご相談ください。

椎間板ヘルニアとは|すぎうら接骨院 掛川院

腰痛のイラストヘルニアとは、体内の臓器が本来あるべき位置から動いてしてしまった状態をいいます。
よく聞かれる病名で、臍ヘルニア(でべそ)、鼠径ヘルニア(脱腸)がありますが、この状態が骨と骨の間のクッションとなる椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。椎間板の中の髄核という組織が、外に出てしまった状態で、それが腰椎の部分に発生したものが、腰痛の原因となる「腰椎椎間板ヘルニア」です。
背骨は頚椎・胸椎・腰椎に分かれますが、その全てに椎間板が存在します。ヘルニアは負担がかかりやすい腰椎と頚椎に発症することが多いです。

「椎間板ヘルニア」は突然発症するタイプと、慢性的にじわじわとおきる場合があります。

椎間板ヘルニアになると、神経に負担がかかることから、腰や足に痛みが起こったりします。ときには足の麻痺、しびれ、足の冷たさを起こすこともあります。
加齢によるものや、日常的な腰への負荷や、そしてストレスなどが原因として考えられていますが、遺伝的背景でも起こることがわかってきました。

椎間板ヘルニア治療|すぎうら接骨院 掛川院

腰の施術の様子掛川市のすぎうら接骨院では、問診や視診、触診などの様々な方法で症状の分析を行います。そのうえで患者様のご希望に合わせた治療を行ないます。

幅のある独特のアプローチにより体全体の調整を行うことで、腰痛だけではなくトータルな改善を目指します。

椎間板ヘルニアと診断されても、病院の治療だけでは改善しない場合が多くありますので、病院との併用もおすすめです。
すぎうら接骨院 掛川院では、姿勢や生活習慣などにもアドバイスさせていただきます。ぜひ一度、掛川市のすぎうら接骨院にご相談ください。