交通事故治療・むちうち治療

こんな症状でお悩みではありませんか?

交通事故 イラスト

  • 交通事故にあってから体の調子が悪い
  • 保険が適用されるのかが不安
  • 病院では異常がなかったが痛みがある
  • 初めての事故でどうしたらいいのかわからない
  • 首の痛みがなかなか取れない

交通事故 イラスト日常生活の中では、どんなに気をつけていても時々思いがけないことが起きてしまうことがあります。交通事故もそのひとつです。
事故直後は気が動転して、適切な対応がなかなかできないものです。事故の対応に追われ、大きな怪我をしていても気づかないこともあります。目立った外傷がなければ、なおさら自分の体のことを後回しにしてしまいがちです。
しかし、日が経つとともに気持ちが落ち着いてくると、体のあちらこちらに不調が起きていることに気づき、そこでようやく、病院に行ったとしても、場合によっては事故による障害だと認めてもらえないこともあります。
交通事故にあったら、まずは医療機関で受診して、しっかりと検査してもらいましょう。

交通事故治療|すぎうら接骨院 掛川院

交通事故 イラストたとえ小さい事故と思われるものであっても、体には大きな負担がかかります。

大したことはないと思った打撲が、実は大きな障害につながることもあります。
目立った外傷がないとしても、むち打ち症や脳内出血、骨折を起こしている場合もあります。
事故にあってしまったら、出来るだけ早く適切な診断を受けましょう。
病院で画像診断を受けても、筋肉や筋に受けた傷害は画像に写りにくいので、異常なしと判断されることもあります。


問診の様子しかし、痛みがあるのなら、その原因も必ずあるのです。
掛川市のすぎうら接骨院では、交通事故によって生じた痛みがどこからくるものか、原因を突き止め、根本的なところに適切にアプローチしていきます。
早期治療は後遺症の発生を防ぎ、早期の回復につながります。
すぎうら接骨院 掛川院の交通事故治療は、事故で辛いお気持ちの患者様に寄り添うことで、精神的にもお力になれるよう尽力しています。不安やお悩みがあれば、ぜひ掛川市のすぎうら接骨院までご相談ください。

交通事故によるむち打ち症とは|すぎうら接骨院 掛川院

むちうちのイラスト交通事故では、打撲や骨折に並んでむち打ち症が多く、事故傷害の半数以上がむち打ち症の症状にあてはまります。
交通事故による衝撃のせいで不自然な力が首の部分にかかることによって、首がムチのようにしなることが原因で発生するのがむち打ち症です。体がシートベルトで固定されているので、頭部の波打つような動きにさらに反動が加わり、かなりの衝撃が首の部分をおそいます。その結果、首の筋肉に過度な負担がかかり、損傷が起きます。
事故の大小にかかわらず、首への衝撃は相当なものがあります。交通事故にあったら、まずは医療機関での受診が大切です。

むち打ち症の症状

「むち打ち」は、交通事故などで衝撃を受けた際に、首が鞭のようにしなることで、頸部の筋肉などを痛めてしまうことから発生し、首の痛みだけでなく頭痛やめまいなど様々な症状を引きおこしてきます。 むち打ちと言っても診断名は状態によって異なり、「頸椎捻挫型」「神経根症型」「脊髄症型」「バレ・リユー症状型」「脳髄液減少症」といった病型に分類されます。治療の方法はそれぞれ病態に合った方法であることが必要になります。

頸椎捻挫・頸部挫傷

頸椎捻挫とは、首の骨の周りの筋肉や靭帯、軟部組織などが損傷を受けたもので、一般的にむち打ち症と呼ばれるものの大半がこれに該当します。

頸部挫傷とは、頸椎の周囲の筋肉が損傷を受け、首の痛み、首まわりの筋肉の凝りに加え、腕のだるさや指の痺れなどの症状があります。

バレー・リュー症候群(後頸部交感神経症候群)

首の神経損傷によって、脳や脊髄の血流が低下や、自律神経の乱れが発生します。それが頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気などの症状を引き起こすといわれています。

目のかすみや動悸、発汗などをともなうこともあります。

神経根症状(神経損傷)

神経根が負荷を受けることで、さまざまな症状を引き起こします。

首や腕の痛みや痺れや倦怠感、後頭部や顔面の痛みなどの症状があります。

脊髄損傷

脊髄が損傷すると、歩行の障害につながることがあります。排泄に支障をきたすこともあり、後遺障害となる場合が多くあります。

脳髄液減少症

交通事故の衝撃によって、脳脊髄液が漏れ出す状態。むち打ち症の治療を続けても、頭痛やめまい、首の痛み、耳鳴り、体のだるさといった症状が続く場合は、脳脊髄液が漏れている可能性があります。

まずは医療機関へ|すぎうら接骨院 掛川院

首の施術の様子交通事故に遭ったときには、すぐに病院で検査を受けましょう。
むち打ち症の場合、時間が経つと交通事故との因果関係を証明しづらくなることもあります。
むち打ち症の症状は、交通事故直後に出ないことも多く、日にちが経ってから症状を訴えても、そのときの交通事故によるものだという証明ができず、結果として認定されなかったケースもあります。
交通事故直後は、気持ちが動転していて、重傷でも痛みを感じない場合があります。
後日、首に痛みがある、違和感があるなどの諸症状が出ても、交通事故とは関わりのない診断をされてしまうこともあります。
交通事故にあったら、事故の大小や痛みの有無に限らず、事故発生直後に医師の診断を受けておくことが大切です。
その後にむち打ち症治療に詳しく、知識と実績を持つ整骨院などの施設で治療を受けることも大事なポイントです。

首の痛みでお悩みなら、すぎうら接骨院にご相談ください

ハイボルテージの様子交通事故によるむち打ち症の怖い所は、医療機関でレントゲンを撮っても「異常なし」と診断されてしまうことがある点です。事故直後の診断で「体には事故の影響がなかった」と安心して放置していると、しばらくして不調が現れ、症状が固定化し、慢性化してしまう場合も多くあります。

症状が慢性化してしまうと完治が難しく、治療期間も長くなってしまいがちです。事故が起きたらすぐに交通事故治療を受けることが大切です。

掛川市のすぎうら接骨院では、しっかりと検査を行い、患者様一人一人に最適な交通事故治療を行います。治療の内容、保険の適用に関わるご質問など、どんなことでもお気軽にご相談ください。